現在進行中の建築現場の進捗を定期的に報告

建築現場進捗レポート/松阪市・Y邸【高増工務店】

建築現場の進捗レポート

平屋の北欧スタイル/松阪市・Y邸

プラニング時のうら話

リタイア後は現在ご所有の土地に新築の計画をされていたY様。『終の棲家でゆったりと快適なシニアライフをおくりたい』、『蒸し暑い季節も吹き降ろしの厳しい冬にも少しのエネルギーでやさしい居室環境を得られたら・・・・』と漠然としたお住まいのイメージをお持ちでした。
性能面が影響する住まい心地については建物の造り込みの差が、耐久性においても大きな差となってあらわれます。弊社ではホームページで建築の進捗状況を公開してその仕事ぶりをつぶさにご報告、建築過程の大事な箇所ではオーナー様に直接ご確認いただきながら、わずかなひと手間も惜しむことなく取り組んでいます。
加えてオーナー様が思い描かれている感覚的な部分を巧みにデザインすることでリアリティのあるマイホームのカタチへと誘うことができるのですが、ライフスタイルや感性は人それぞれ。Y様も5年もの長いあいだご新居の計画を専門の設計事務所に依頼されていたのですが、弊社とのご商談を機にようやくその糸口を見いだされて、長年の思案に終止符を打たれました。
ご新築の概要は断熱・気密に優れたツーバイフォーのグルニエ(小屋裏収納)を設けた約33坪の平屋建て北欧スタイル。じっくりと家全体を暖める床暖房を採用されたお住まいですから居間の空間は大きくとって十分な開放感が得られるレイアウトになっています。さらに小屋裏収納のほか大きめのウォークインクローゼットもあり季節物のストックは万全で、暮らしやすい生活動線に連動したパントリーや食器棚、衣類収納棚、シューズクロークなどは全てが造り付けで使いやすく、整理整頓とは無縁のストレスフリーの室内環境。間取り上にデッドスペースは一切ありません。
そうは言っても広いリビングルームの人目を引くところには、奥様がご趣味のレザークラフトを飾るオリジナルラックを造りこむなど、ゆとりを演出するポイントも所々あり見どころとなっています。

高増工務店の建築実例

オーナー様にお聞きしました
  1. 1.タカマスを何でお知りになりましたか
  2. 郵便受けに入っていた完成見学会のチラシで知りました
  3. 2.タカマスの第一印象はどうでしたか
  4. 施主のニーズをしっかり捉える家づくり。そんな印象がありました
  5. 3.タカマスでお家を建てる決め手は何でしたか
  6. 1:契約前の段階から具体的な図面を示してもらえたこと
    2:細かな変更点についてもレスポンス良く図面に反映してもらえ確認ができたこと
    3:構造上の質問に対して専門的な内容を素人にもわかり易く解説していただいた
    4:地盤補強の方法が盤石で地震に対する不安が払拭できたこと
    5:家づくりに対する自信と情熱が感じられたこと
    6:とにかく話をよく聞いてもらえました
  7. 4.お家を計画するにあたり重点に置いたところはどこでしょうか。またお家に対しての思いをお聞かせください
  8. 現在所有している戸建て(2階建)からの住み替えでリタイア後の利便性と快適性をとくに重視しました
    1:平屋で床暖房があり箪笥などの家具類を一箇所にまとめて地震などによる人的被害が防止すること
    2:断捨離の考え方ですが、それでもなお収納に十分なスペースを確保すること
    3:妻のために趣味の革小物を製作する作業場所と作品の展示スペースを確保すること
    4:広いリビングとお風呂があり、居室空間が有機的につながっていること
    ※家は心が落ち着いてゆったりと過ごせる場所であって欲しい。遮音性や断熱性が高くて空間の仕切りは少なく開放感のある家を理想と考えてきました。今回の家づくりはそれらのことを具現化させるもので、存在感があって居心地の良い家ができることを期待してます
  9. 5.今後のタカマスに期待するところはありますか
  10. 企業に期待するといった大げさなものは思い浮かびませんが、築後のメンテナンスや困りごとについて気軽に相談できる会社であって欲しいと思います

地鎮祭

地鎮祭

天候も良く、地鎮祭が無事に終わりました。これより安全に工事を進めてまいります。