現在進行中の建築現場の進捗を定期的に報告

建築現場進捗レポート/津市・K邸【高増工務店】

建築現場の進捗レポート

夢と笑顔のある住まい/津市・K邸

プラニング時のうら話

津市のK様にとっては2度目となる家づくり、現実的な住まいではなく“ご家族の笑顔がたえない夢のつまったマイホーム”を望まれ、インターネットで検索されていたところ弊社のホームページにたどり着かれました。ページ内の建築例をご覧になり「これだ!」と直感的に感じられるものがあられたようで弊社慣例の完成見学会に早々ご来場いただいております。
最初の打ち合わせでは具体的なご要望は示されませんでしたが、モデルハウスをご覧になられてからは“居室は広々して柔らかなムードであること”が設計上のキーポイントになりました。またモデルハウスの間取とインテリアデザインを踏襲するスタイルとなり、その特徴的な部分でもある『ディティールのきれいな輸入階段が映える広いエントランスをしつらえること』と、『リビングとキッチン、そしてダイニングを同じくワイドにつなげること』で一層の開放感を醸しだして居室内の広さを演出、家の中心に位置するリビングを吹抜けにされています。吹抜けにすることで採光も確保でき同時に1階フロアに設備した蓄熱式床暖房の熱が2階まで効率的に届くようなります。しかし開放感の代償としてダイニングキッチンのニオイの問題が気になるところですが、吹抜け部分のキャットウォークに扉を設けて換気を促し、さらには匂いの成分を分解する働きをもつスイス漆喰を壁材として使用しています。
キッチン、パントリー、ユーティリティ、ウォークインクロゼット、主寝室の家事動線についても無駄のないように配慮してデザイン面だけでなく実用的な部分もしっかりと確保されています。

高増工務店の建築実例

オーナー様にお聞きしました
  1. 1.タカマスを何でお知りになりましたか
  2. インターネット検索して、見つけました。見つけた時は「あっ、これだ」という!感じでしたね。
  3. 2.タカマスの第一印象はどうでしたか
  4. 送っていただいた資料を拝見した際は『気品ある家を作るんだな。でも自分たちに合うのだろうか?大きな家でないと・・・』と思いましたね。
  5. 3.タカマスでお家を建てる決め手は何でしたか
  6. ひと言でいうと”やわらかい雰囲気”です。モデルハウスや建築実例を見たときの何とも言えない「やわらかさ」は他に真似できないものだと感じました。また、色々と変わるこちらの要望にも上手く叶えられるようにプラニングしていただけた点です。厄介な相談にものって頂き有難うございました。実は最初のうち、奥さんは乗り気ではなかったのですが、どんどんタカマスワールドに魅了されていき、最終的にはここしかないとなっていました。
  7. 4.お家を計画するにあたり重点に置いたところはどこでしょうか。またお家に対しての思いをお聞かせください
  8. 2度目の家づくりということもあり、家族皆の要望を出来るだけ妥協せずに取り入れようとした点です。また、来客された方がwow!と思う家にしたいと考えていました。当たり間ですが、家は家族が一緒に暮らす場所。皆が笑顔で入れる場所は、やわらかく、やさしく、ぬくもりのあるそんな場所であってほしいし、そういう場所にしていきたいと思います。
  9. 5.今後のタカマスに期待するところはありますか
  10. 今後もタカマスさんらしい「家族が笑顔になれる家」を提供し続けてください。

基礎工事

基礎工事

基礎工事の着工です。まずは柱状改良杭の杭頭部分をすべて地表面に出していきます。

地盤補強工事

地盤補強工事

地盤改良工事の柱状改良杭補強が始まりました。約6mの深さまでφ600の杭を38本施工していきます。

地鎮祭

地鎮祭

お天気も良く無事に地鎮祭を終えることができました。これより工事を慎重に進めてまいります。