初回のプランニングから完成までの家づくりのエピソードと住み心地

お客様の声/Owner!s voice「化粧梁と白い壁が吹抜けに映えるペンション風の室内」【高増工務店】

家づくりの熱意と専門的な話に興味が深まりタカマスに決めました。

インデックスページに戻る

明るく開放感のある広い玄関と階段ホールの吹抜けは白い壁とオークの木肌のコントラストが空間を引き締めて、なんとも居心地の良い落ちついた室内に仕上がっています。
高増工務店の施工例亀山市にあるK邸を訪れる人は「居室間や通路を仕切らないオープンスペースと、手摺や梁などの無垢の素材感はまるでペンションに来たかのよう・・・」とおっしゃるそうです。
オーナーのK様に実際のその住み心地をお伺いすると「夏も冬も外気温との違いをはっきりと体感できます。エアコンの必要な時期でも、吹抜け上部に設置した 1台でほとんどまかなえているので経済的です。なんと言っても冬の室内の暖かさはうれしいですね。朝、暖房前でも寒さを感じることなく着替えができるのですから」と奥様。これだけの吹抜け空間があるにも関わらず、前日の余熱が残っているということは、基本構造がしっかりしているということ。K様に限らず、タカマスで建てられたオーナー様が口を揃えておっしゃっることは、この快適性で、気密・断熱性の良さを第一にあげられます。
高増工務店の施工例建築時は同じ敷地内に仮住まいをされていたK様、家が完成する工程を毎日確認することができたことは大きなメリットだったそうで、それでもエントランス部分のバリアフリーはエクステリアの計画と合わせてもう少し綿密にプランしたかったとご主人。タカマスに対しては「レンガ造りのキャリアと技術はもとより、工務店ならではの対応とアフターケアを重視しました。
高増工務店の施工例設計段階で室内のあらゆる方向からの立体ビューや吹抜けの階下、2階からのイメージなどをパソコンなどで確認できれば、細かな相談もよりスムーズに行なえるのでは・・・・・・」と、また「外観は私達でもイメージしやすいのですが、室内の仕上がりイメージは専門家でないとむずかしく、その分、綿密に確認が必要だと思いますね」とこれから建築される方へのアドバイスもいただきました。