初回のプランニングから完成までの家づくりのエピソードと住み心地

お客様の声/Owner!s voice「魔女の宅急便のパン屋さんがモデルになった家」【高増工務店】

イメージどおりの家ができて大満足、女性のお友達に大好評です。

インデックスページに戻る

数あるアニメ映画のなかでも多くのファンをもつ『魔女の宅急便』は、主人公の少女“キキ”が一人前の魔女になるために、一人暮らしを始める小さなパン屋さんから物語が始まります。
モデルになった街はオーストラリア南部のタスマニアや、ストックホルム・ゴットランド島のヴィスピーではないかとも言われていますが、いずれも趣きのある古い建物が建ち並ぶ、心癒される魅力的な街です。
高増工務店の施工例菰野町に新築されたT邸の奥様は大の宮崎アニメファン。新居は主人公が暮らす小さなパン屋さんがモデルになっていますが、奥様のご職業も四日市市で有名なケーキ店のパティシエとあって、キキの暮らすパン屋さんは夢の家だったそうです。しかし、T様が思い描く家を大手ハウスメーカーで実現しようとすると、お気に入りのデザインや仕様ができなかったり、使いたい部材が無かったりと、理想の家とは程遠い仕上がりになってしまうため、建築会社を選ぶ条件として『微妙なニュアンスも描けるような設計ができ、デザイン性の高い部材の調達と個性的な家づくりを得意とした工務店』でした。
タカマスとはご友人の紹介がきっかけとなり、ご商談となりました。初回のプランニング図面を気に入っていただいたT様は、施工例の見学やイベントなどに積極的に参加。実際の建築の際も熱心に打ち合わせを重ねられ、緻密な住まいづくりを実践されました。
高増工務店の施工例T 邸の一番のポイントは、キッチンが広く大きなアイランドのカウンターを設えてあるところです。これはタカマス手づくりのオリジナルカウンターで、奥様が将来計画されているご自宅での『ケーキ教室』に使用するためのものですが、パーティーでお客様をもてなす時などには大変使い勝手のよい設備で、小物を収納する役目も果たします。
期待していたとおり、アイランドのあるキッチンは手づくりケーキを味わいながら談笑を楽しむラウンジスペースとして活用、可愛らしいロッジ風の外観デザインと共に奥様のご友人には大好評です。
フローリングや建具も若々しいライトなカラーを選択され、吹き抜けやトップライトの採光とあいまって、一層開放感のある明るい室内になっています。また大屋根にすることで小屋裏に収納スペースを確保できて、ご主人が希望されていた書斎を兼ねたシアタールームをつくることができました。
お住まいになった感想をお伺いすると「外観のデザインが好きです、玄関ホールの吹き抜けと階段のレイアウトも気に入ってます。家づくりの際は自分たちの理想がカタチになっていくので、打ち合わせの日は楽しかったですよ。レンガをもう少し使いたかったかな・・・」と奥様。「私たちのように細かなところまで、何でも相談された方がいいと思います。“こんな家に住みたい”という希望をたくさんお話ししてみてください」とこれから計画される方にアドバイスをいただきました。