初回のプランニングから完成までの家づくりのエピソードと住み心地

お客様の声/Owner!s voice「イギリス滞在時のイメージを再現された家」【高増工務店】

イメージどおりの設計プランが依頼を決断するポイントでした。

インデックスに戻る

鈴鹿市のU邸を訪れると心がほっと癒されるのは、お部屋がいつも綺麗な花で飾られているからでしょうか。
室内を彩るお花を使った数々のオーナメントはフラワーアレンジメント&デザイン『カレン』を主宰をされているデザイナーの奥様が自ら作られたものです。ご自宅はまた、やさしい色合いのファブリックや無垢材の家具とがうまくコーディネートされていてしっとりとした瀟酒な雰囲気を醸し出しています。
三重県鈴鹿市の建築施工例U 様の新築計画はタカマスのモデルハウスを見学されたことがきっかけで、突然始まったそうです。奥様がお花の勉強でイギリス留学された際に滞在先の先生のご自宅とモデルハウスが良く似ていて、「日本でもこんなに本格的な洋館が建てられるんだぁ・・・」と感動。その日を境に数多くの展示場見学がはじまり、輸入住宅を取り扱う他メーカーとも商談をされたとのことですが、結局はイギリス滞在時の本場の家とタカマスのつくる家とが同じ質感と空気感だったことと、ご提案させていただいたプランニングの内容でタカマスに決めていただきました。
その時のことを「まさにこれ!といったプランニングをしてくれました」と評価をいただいています。また、「家は専門家に任せておけば間違いないと思っていました。壁紙や照明選びにもコーディネーターの方がいろいろアドバイスをしてくださったことにも感激でした」とも。
さらに「建築が始まってからは新しい工程に入る度に、現場監督さんが報告の電話をしてくださったので、家づくりをしっかりと楽しめましたよ」と奥様。
実際の住み心地については「居住性や機能性がきちんと考えられているので、本当に住みやすいです。帰宅した時、玄関先で“いい家・・・”といつも呟いてしまいます」とうれしいお言葉を。また「一番悩んだ部分が、玄関に上がり框を付けるかどうかでした。結局、フラットな床にしたことにより、掃除も楽にできてます。でも、ひとつだけ後悔が・・・、私達のライフスタイルには和室は必要なかったかも・・・」と率直なご意見も。
友人や近所の方のほか、セールスの人にも「いい家ですね」と言われることも度々で、近くで建設中の職人さんまでもが休憩時間に見学にみえるなど「プロの目から見ても良いのかなと思うと嬉しいです」と感想をいただきました。