住まいの湿気を防ぐ方法とレンガ住宅のメリット

住まいの湿気について|今月の話題NEW【高増工務店】
facebook twitter linkedin email

長雨は住まいの大敵、その『湿気』を防ぐには

湿気対策毎年9月になると猛暑をもたらした太平洋高気圧と大陸の冷たい大気がぶつかり、秋雨前線が発生します。梅雨から始まり、9月までの長い期間の雨は住宅の耐久性を損なう原因になりかねません。
木材の腐れのもとになる結露は、湿気を含んだ空気が外の冷気に冷やされて、窓ガラスやクロスなどに付着する冬に起こりやすい現象ですが、夏から秋にかけても、雨で湿気の多い暖かい空気が床下(基礎内部)のひんやりした空気と混じり合うことで結露を発生させます。当然、雨を多く含んだ地面からの湿気も家に悪影響を与えます。特に湿気対策の不十分な古い家屋の多くは、深刻な土台腐朽の問題を抱えています。
湿気対策また基礎に起っている現象は、壁体内にも同じように起こりやすく、目で直接確認できない結露を長いあいだ放置するとシロアリの発生も誘発してしまうため、新築時からしっかりとした対策が必要です。湿気から建物を守るには、基礎内部と壁体内の空気を循環させて外部に排出する基礎パッキン工法や外壁通気工法など、湿気を滞留させない通気層を設けた構法が有効です。
併せて防湿コンクリートや防湿防水シート、備長炭といった調湿材や珪藻土壁やエコカラットなどの調湿建材を内装材として使うと一層効果的です。
湿気対策さらに外壁をレンガ積みにした場合では、レンガ自体の断熱・保温性が壁内の温度差を抑えるほか、レンガ自体の調湿効果も併せて結露の発生を抑制する効果も期待できます。レンガの家に入ると感じる、独特の居心地の良さは自然素材だから得られるものなのです。

高増工務店のスタッフ
Tafテクニカル
スーパーバイザー
高増青後(せいご)